ピクシブの企画キャラについて
つらつら語るだけのブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
子供の日!


桜花の幼女の中の方がご所望だったので、お友達二人をお借りしました!
子供は宝です。 
ギィさんキャラシリニューアルおめでとうございます記念も一緒に!!!

| ぴく戦 | 22:30 | comments(32) | trackbacks(0) |
ツイピクがだめだったから
 
みーたんとそうまちゃんがいっていて天水も見たそうだったから
描いてはみたものの
あまりよいものではなかったよ。

| - | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
【夢幻見聞】どぶろくさんの中の人記念日

おめでとうございますー!
ギリギリすべりこみですが あばば!

どぶろくさんが子供が欲しくて仕方が無いそうだったので、
ちょっとだけ子供になってみる程度しか予算のない伽には祝えなかったようです。
お酒も買えるなら自分で飲むさ主義です。

少しでも万年青さんとどぶろくさんへの愛がこめられていれば幸いです。
キャラ共々、今年も仲良くしてやってくださいませ…!
よい取っ組み合い友達で!

ちなみに伽や伽藍には子供時代のようなものがありますが、
あれも術で子供にみせかけていただけなので、今でもいつでも幼児化できます。
ちょっと疲れるのでお爺ちゃんはめったにやりません。
伽藍は子供になってちやほやされたところでたたnげふんので面白くもないのでやりません。

| 夢幻見聞 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
06:伽(夢幻見聞)
 
人の世界に下りてきた心優しい八咫烏が、ある日突然FEVERした後
元に戻った姿。テーマカラーは紫。
とぎ、と名乗っているが本名は伽藍。千と千尋の原理です。

伽藍時代には生き別れた息子が所持していたため1本だった髪紐が
2本になっているので一番良いルートをたどった結果だと思われる。
(伽藍はその他いくつかルートがありますがどれもBADなので
おそらく伽まで生きていられません)
ちなみにタタリ神化は、戦国末期に親友と男の殴り合いをして
とてもスッキリしたので解けています。

・大暴走していた時代が恥ずかしすぎるので関西弁を隠して、
 他人事のような達観スタンスを取りたがる。
 二度と同じ轍は踏まないぞと本人の必死さの現れ。
・酒が入ると気が緩んで関西弁丸出し・放送禁止モードに切り替わるため、
 光悦堂の中以外では呑みたがらない。

・子供と遊んでやるのが好きな父親属性は隠す気が無い。子供の敵は私の敵。
 雪姫の旦那さんが奥さんを溺愛しすぎて子供をないがしろにしていると思い込み
 とりあえず天罰を与えるべく空中から石を落したりしている。

・力を半分ほど友達に貸しているので本来よりもエネルギー不足。
 そのため妻や養子達を見送った後冬眠に入り、
 友人の娘さんが亡くなった際に再起動した。
・いざ起きてみると親友が二人とも大変なことになっていたので、
 それからは彼らを一人にしないために生きることに。

・力不足なのでお腹がしょっちゅう空いていて、弱ると寝る。
 本当なら寝なくても生きていける人外ぶり。

・素を見せている親友達以外には当たり障りの無いやさしいいいひとだが、
 とある陰陽師とは因縁があるらしく彼にだけは態度が硬い。

伽はまだまだ新しい設定が作れる余地があるキャラなので
どんどん動かして皆様に絡ませていただきたいです。

| 夢幻見聞 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
05:レディ(のく)
 
レディ。中世の吸血鬼。
洋物幼女で絶対に譲れないベビードール着用。
テーマカラーは朱色で、若干つづらと被ったかしらと心配になる外見です。
目のハイライトが真ん中にはいります。
怖いくらいに薄いピンクの瞳に朱い髪に真紅のドレス。
性格はよくも悪くも無邪気で愉快犯。

首無しの黒い馬に乗って各地に出没します。
馬はオスでフィリップという名前だとか。

以前は力を蓄えて成人の姿で好き放題に襲えや飲めや生活をしていたものの
人間に成敗されて1からやり直しに。
つまり見た目どおりの幼女です。
不死鳥のような感覚で、同じベースでも以前とは違う存在。
昔の自分の事は覚えていると言うよりも「知っている」感覚です。
他人のアルバムを見ているような気分。
友達のルイさんとレッチェお姉さまとは昔からの知り合いですが、
やはり抱く感情は前のレディとは異なります。

動かしてやりたいものの、のくの流れが大きすぎて躊躇してしまっています。
頭の中では元気に活動中なんですが…

| ぴくのく | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
04:伽藍(戦)

1企画1キャラ法則を破った例外の男、ガラン。
人の世界に下りてきた心優しい八咫烏が、ある日突然FEVERした姿。
テーマカラーは紫のはずの人が、無理やり橙色を着ている感じのちぐはぐさ。
黙っていれば美形タグが輝く程度の、綺麗めな三白眼。

女好き、バツイチ子持ち、マシンガントーク、昔はよかった昔は、性格残念etc、
薫とは違うほうの私の趣味でできてしまったこれまた残念男子。
しかし彼を入れて、さまざまなご縁が出来たので本当に作ってよかったです。
すごく交流しやすいのが伽藍のいいところ。
 
<初期設定>
・女好き。ただしnotフェミニスト。オス?ああそういうの歩いてますねそれが何か。
・子供が大好きで、女の子でも幼女だったらオトン属性にシフトチェンジ。
・喋ると残念
・理知的だった名残で頭は良いけれど馬鹿のふりが楽しすぎてめったに使わない。
・実の子供を捜しに山から下りてきた。元奥さんとは実子誕生前に離婚。
・中身がからっぽ。がらんどう、で伽藍。目的も誰かの借り物だったり、自己が曖昧。

<動かしている間にできた設定>
・伽藍ちゃんでぇ〜っすキャッハー★ テンション当初の4割増し
・別の意味でも残念なことに
・同郷トリオ結成
・子供は実の子も含めて12人
・数百年分の自分や他人の恨みを吸い溜めて、自身でも気付かず祟り神化している
・気の強い女の子が好き。踏みたい。気の弱い子も好き。つつきたい。
 真面目な子はからかうと面白いから好き。つまり究極の節操なし。

同郷二人とは500年来の友人で、昔はお師匠様の下でにこにこ暮らしていました。
お師匠様の死と30年前のすれ違い、所属の違いから今は少しぎくしゃく。
とくに白露さんは最初にであって刷り込み状態で慕っていた親友なのに
時々祟りスイッチが入ると殺意めいた何かがドロドロと沸く始末。
本当にやさぐれかけた時にオカンで助けてくれたギィさんをとても信頼しています。

性格がごろんごろん変わるのはやはり自己が曖昧だからです。
30年前の事件で一夜にして腐った納豆のような性格になったのもそのせい。
また何かあれば一夜にして誠実な性格になることもある、そんな不安定さ。

立て続けに周りの人達が不幸に襲われた影響で『幸せ』に固執気味。
少し前までは自分と一緒に幸せになってくれる誰かを探していました。
しかし元奥さんが離婚際に放った一言が呪縛になり、
無意識のうちにハードルを下げ、自分とではなく他の誰かとでいいので
周りにいる人が幸せになることを渇望するようになりました。

とくに友人や子供達の幸せに盲目的だったのが祟りモードに入りさらに悪化。
その為なら国を滅ぼすために一揆を立ち上げさせようが、
他人の人生をいくつ踏みにじろうが引き下がりません。
親無しや可愛がられなかった子供を養子にしていくのもその表れです。

祟り神化するまでは人間のことが好きで、
信じたいあまりに無理をしてきた結果、今の惨状に繋がってしまったようです。
世の中で大事にするランクの最下層に自分を置いているのが
伽藍・兵三親子のよく似ているところかもしれません。

自分からそうなるように仕向けたとはいえ、
想ってくれるさいちゃんがいて、手を伸ばせば幸せになれるかもしれないのに
それに気付かないのは自分の幸せを考えたことがない故です。

| ぴく戦 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
03:畑宮 兵三(戦)

 
はたみや へいざ。
テーマカラーはせいじ色。ちょっと綺麗めな三白眼。
性格と性根と根性と口が悪い。良いのは頭だけ。心が狭い。デフォルト嘲笑。
武器は両刃鉈。戦い方に癖がありすぎて格ゲーで使うと不便で苛々するタイプ。

<初期設定>
・友達いない
・「銀蔵、なんで死なないのかな・・・」と本気でつぶやく。
・母親の存在はトラウマというよりも、本人すら嫌悪なのか思慕なのか
 わからないとても根深い問題。
・女顔というより、そうも見えなくも無い。本人は変装に便利なのでどうでもいい。
・政岡さまが世界。殿にも従うが、忠実なのは政岡様にだけ。

<動かしている間にできた設定>
・政岡様にお仕えして5年ほど女だと思われていた程度の以下略。
・菊実さまとは政岡様の捕らえ方が相容れないせいか、嫌がらせしないと気がすまない。
・鉄斎様の養子なのに、あまり似なかった。パワー的な意味で。
・お夏は馬鹿は馬鹿らしく馬鹿みたいに幸せになればいいと思っている。

・千里さんは母親と切り離して認識できた初めての女性。対外的に憧れを包み隠さない。
 「千里殿に対してこの態度になるのは当然。理解できないほうがどうかしている」

・鬼壱くんが生涯初めての友達とかいて処刑友達。
・里出身の変装の達人、典弧先輩の弟分。先輩にだけはわりと素直。
・示源さまとは割と良いコンビの予感がしている
・自分より背の高い年下の人間が嫌い。
・半妖なので成長が遅い。本人も知らないが、15、6歳位までしか成長していない。
・自分に父親がいたという発想がなかった。あの母と所帯を持った男がいた?マジでか程度。


某様のお子さんと本気で殺しあいたいね!というノリで生まれた子。
そのお子さんとは味方陣営で戦えなくて\(^o^)/となったのも良い思い出です。
人間くさくしたかったので、色んなお子さんと繋がりがいただけて
本当に嬉しい・・・!

典型的な途中で散っていきそうな使い捨て従者ポジションにしたかったので
大層な設定はつけないように奮闘しました。
父親を後で入れたせいで半妖になってしまいましたが、
そういえば人より寝なくて良い程度しか血は出ていません。
忍の家の子でもないので幼馴染のなかでも一番弱い(設定)。

落ち着いた年上の女性としか接点ができないのは、
自分で身を守ってくれる強さがあるので安心していられる部分があるためです。
勿論、兵三もお守りしようと思っていますが、母親の最期の件がどこかで
「自分には守りきるキャパシティがない」と思わせているのかもしれません。

彼の中で唯一自信が揺らぐはずの「守る」ことを職にしているのは
意地でもあり、けじめでもあります。


| ぴく戦 | 06:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
02:麿墨 薫(ヤン)
 
2人目。するすみかおる。
テーマカラーわさび色。
でこ+三白眼+蹴りたい全身+二言目にはごめんね+悪人面という
私的にはずせない要素をつめこんだところ誕生しました。
ちなみに苗字は、私が好きだった鎌倉時代の武将の 馬の名前。
ちゃん付けで呼ばれたくて薫にしてみたのですが、
某推理ドラマの影響だったんじゃなかろうかと戦々恐々です。

ぼこられ要員の保健教諭でいこうとおもっていましたが、
化学教員も美味しかったです、クラス担任できたし…!
2B大好きだ。
ほかの企画の化学の先生方は皆様格好良くてミステリアスな方が多いので、
こちらは学校の怪談系ミステリーでいこうかと思う次第です。
どんなだ。

性格やら髪を切れない理由やら過去についてはマイピクオンリーで上げているのですが、
おそらく表で使うことは無いかと思います。
いつかあの設定を乗り越えてでも幸せになりおったら親としては万々歳。

体はがっしりしていますが、身体測定をしたら小学生に負けられます。
体質上、高校生活をあまり経験できなかったので、
はちゃめちゃなピク高の生徒さんのどんちゃんライフを見ても
「楽しそうだなぁ〜///」と見守ってしまいます。
むしろ一緒になってはじめての高校生活をエンジョイしてしまっている感じ。
もみくちゃになりながら動かせたら嬉しいです。

続きを読む >>
| ぴくヤン | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
01:つづら(悪)
 
昨日の晩、唐突にオリキャラ即席描きをしてしまったので、
ちょうどいいやとブログでもオリキャラ設定を吐き出してみようと。思いました。いえい。

まずは初期子つづらから。
某様に「YOU、うちの組織に和ロリ幼女を入れないか」と誘って頂いて
PIXIVに入会したので、この子がいなかったらまさに別の人生を進んでいました。

ピン毛赤目の幼女が病的に好きで、かなり悩んだ末、くすんだピン毛・緑目に。
入れた時期がまずかったのか良かったのか、すぐさま暗黒街の夢がスタート。
一度も幼女を動かさないままに夢つづらから始まったぴく悪ライフでした。
おかげで夢つづらもものすごく愛着があります。

そしてあまりにも厨なのできっと使わない設定をこっそり。

・つづらは良い所の旦那さんのお手つき子で、
 正妻さんの所に生まれていた同い年くらいの腹違いの姉のお世話係だった。
・つづらママはちょっと恐ろしめな方で、
 小さいつづらにあの子さえいなければ私達は的なことを言い残しつつ死んでいった

・善悪の概念がまだ出来ていなかったつづらは遺言を鵜呑みに。
 姉が女学校の寮に入るのに同行した道中、
 何も疑うことなく母の言いつけを守ろうと、姉を陥れてすり替わる。
・半年か1年ほど、顔が似ていたせいもあって姉のふりをして生活。

・利き腕が違うことに気付かれて追われる。
 トラックの荷台にのったり船荷の隙間に滑り込んだりして暗黒街まで逃げてきた

・「大変です幼女です拾いますね!」

というわけでいつも不安定な立場にいた為、
つづらの中では自分を受け入れてくれた翼賊が占める割合は大きい。
暗黒街の夢で自立して動いたり、エヴノさんと出会ったりしたことで
自己は確立できてきた模様。

| ぴく悪 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤタガラス年表

あきらかな詐欺・ザ・戦国

・左はじ
現世ではないところから降りてきたばかり。
寂しがりだけど人間に近づく勇気もなくて一人ぼっちだった頃。
体は大人、心はひよこ。
白露さんに会うまでなので時期としては数週間程度。

・紫色のおちびちゃん
ひよこ。チビ露さんにあわせて自分で術を使って姿を幼児にして、心とつりあった。
200〜300年ほどこの姿だったかもしれないので時期は意外と長い。

・後ろ向きのひよこ
通称・気の毒なひよこ。人間に騙されていた半年の間のみ。
戦国の伽藍はショックでこの時期の記憶が飛んでいます。

・鴉天狗な白服
白露さんと天狗ごっこをしていた時期。
お師匠さまの件、思い出せない部分の記憶など無意識下で何かが溜まってきているので
少しだけ怒りっぽくなっていた。山の頑固爺さん。

・寝巻きっぽいもの
暴走白露さんの瘴気が体に響いてダウンしていた1年間。
すでにFEVERして関西弁で女の子大好きキャハー★だったり子供を拾っていたりしていたが
この1年だけは死に掛かっていたのでおとなしかった。

・明らかに異質なオレンジ
FEVER★ぷらすタタリ神化していた戦国時代。
自分の分のみならず、周囲の人間の恨みまで吸収してしまい、
白露さんに暴言を吐き、子供達を悲しませ、女の子をたぶらかし、実の子まで作り、
暴れまくっていた時期。何百年もの間に培ってきた交友関係をことごとく失った。

・書生Ver
大正時代。伽、と名乗り始めた頃。
タタリ神化が解けて落ち着いた。髪を切った友人に合わせて、めったに髪を解かなくなっている。
願掛けのようなもの。関西弁まじりだが落ち着いた口調と物腰。

| 夢幻見聞 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SEARCH THIS SITE
OTHER